Homeブルースハープとは?初めましての方へ 買ってみよう吹いてみようお手本行ってみようコラムリンク





2004イベント



あつぎサマーフェスティバル「ハーモニカメモリアルコンサート」(2004.8.1)



神奈川県厚木市は「ハーモニカのまちづくり」をしています。2002年には第4回アジア太平洋ハーモニカ大会が開かれた所です。
「ハーモニカメモリアルコンサート」には西村充さん、岩間朱美さん、柳川優子さん、竹内直子さん、浅見安二郎さん、Bom×Boaさん、
岩崎重昭さん、厚木ハーモニカトリオさん、オジョメイ・トリオさん、厚木チェリーズさんが出演していました。

ブルースハープは浅見安二郎さんが出演されていました。
浅見安二郎さんの生演奏は初めてきくのでわくわくしながら順番をまっていました。
1曲目は「アイルランド民謡メドレー」。サリーガーデン、レベルプレーンなどをメドレーで。
サリーガーデンは教則本にも収録されているのですが、あのしぶいは音はどこからでるの?
シンプルな曲がすーっと心の中に入っていきました。。
2曲目は「見沼魚釣りブルース。」
「皆さんも手拍子を!」会場からは盛大な手拍子なのですが、、、、、なんかずれてる、、、、。すごく盛り上がったのですがおじさまおば
さまがたはリズムに乗れてない???

最後の曲はハーモニカのための「歓喜の歌」−交響曲第9番第4楽章ーでした。会場の一般の方も参加しての豪華なアンサンブルで
した。前後左右の人たちが次々複音ハーモニカを出して吹き始めてびっくりしました。
複音ハーモニカ、クロマチックハーモニカ、アンサンブル、そしてブルースハープといろいろなハーモニカの音が聞けてとっても有意義
で楽しい時間でした。

2005年の「あつぎハーモニカコンサート2005 (1月23日)」には八木のぶおさんが出演されます。




ハーモニカミュージアム(2004.10.22〜10.25)

11月22日(金)から10月24日、厚木文化会館に「ハーモニカ博物館」がやってきました。本場ドイツから珍しいハーモニカが展示さ
れ、ミニライブ、ワークショップ、トークショーなどが行われました。「あなたもステージに!」や「テンホールズに魅せられて」といった一般
参加者のハープを聞くイベントもありました。
博物館は無料で、併設されたカフェでお茶も飲めハーモニカ談義でにぎわっていたようです。

3日間あったのですが都合で最終日の最後の方にちょこっとだけいってきました。
階段を下りていくとあれ、どこかで見たような人がハープの練習をしている。でもまさか、、違うよね。
でもそんなにそっくりさんていないよね。。。。。やっぱり浅見安二郎さんだ。
おもわず「サイン下さい」ともってきた教則本にちゃっかりサインをもらいました。

展示コーナーには弾丸で穴があいてしまったハーモニカなども展示されていました。またブルースの演奏が聞けるコーナーがあり貴重
な音源が聞けてうれしかったです。。
カフェの中の特設ステージでは最後を飾る「ハーモニカ・ラストショー」がはじまっていました。
和谷泰扶さん、竹内直子さん、柳川優子さん、Bom×Boaさん、浅見安二郎さん、深沢剛さんという豪華メンバーの演奏が無料できけて
しまうなんて。。あ〜ため息がでそうでした。
和谷泰扶さん達のクロマチックハーモニカの四重奏もすごかったし、柳川優子さんの「はじめから今まで」もt透明感があってきれいでした。

ブルースハープでは浅見安二郎さんと深沢剛さんが出演していました。
浅見安二郎さんはリール曲を複音ハーモニカで吹きました。次に深沢剛さんがピアノを演奏されながらハープを演奏!びっくりしまし
た。ホルダーを使わずに片手でピアノ片手でハープを持って演奏されるなんて、すごいです。器用を通り越して芸術的です!
いや〜びっくりでした。(あまりのすごさに曲名を忘れてしまいました。(^^;)
最後にお二人でオレンジブロッサムを。お二人のかけあいがすごくよくて聞き惚れました。ほんと、きてよかったです。
って感動していたら駐車場のことをすっかり忘れ、ふと我に返って寒空の中を車を救い出しにいったのでした。
(2005/01)




→このページのTop→Home

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー