Homeブルースハープとは?初めましての方へ 買ってみよう吹いてみようお手本行ってみようコラムリンク





2006イベント





あつぎハーモニカコンサート2006(2006.1.15)new!



新春恒例のあつぎハーモニカコンサート。ブルースハープの他複音ハーモニカ、クロマチックハーモニカ、民謡ハーモニカ、アンサンブルと様々な種類の
ハーモニカが一度にみれてしまう何ともお得なイベントです。
今回は、岩崎重昭さん、柳川優子さん(複音ハーモニカ)、深沢剛さん(ブルースハープ)、田中光栄さん(クロマチックハーモニカ)、齋藤寿孝さん(民謡
ハーモニカ)、厚木チェリーズさん、H-sumptuousさん(アンサンブル)が出演していました。

ブルースハープは深沢剛さんが出演していました。伴奏は横井澄人さんでした。曲は「テンパランスリール」、「煙が目にしみる」「パリの空の下で」でした。しっ
かり2人のCD「音対話」を買いました。

H-sumptuousさんは「愛の賛歌」「通りゃんせ」「Peg O'My Heart 」「Sing Sing Sing」の4曲。この間とはまた違う感じが印象的でした。

エンディングは「TRISTEZA」。これって井上さんミニハーモニカで演奏しているんです。小さくてもハーモニカって奥が深い♪途中から出演者全員がタンバ
リンなど持って登場して名残惜しい中、幕がおりました。

民謡ハーモニカは初めて見たのですが、ブルースハープとは配列が違い逆になっているとは知りませんでした。それにしても演奏者の齋藤寿孝さんがしゃ
べった津軽弁(?)はなんていっていたのかさっぱりわからなかった。。。。。



NEW DIMENSION OF HARMONICA〜ハーモニカ新次元〜Vol.1 はもにか in ジャズ(2006.01.13)new!

DOWN'n Mellow(居相毅さん、横井澄人さん)のライブ。
今回はいつもと趣がことなってH-sumptuous (エイチ−サンプチュアス)というバンドとセッションをするというのでどんな感じになるかあれこれ考えながらでかけました。

H-sumptuous (エイチ−サンプチュアス)さんは長〜い
コードハーモニカの大内さん、重低音がずしりと響くバスハーモニカの有野さん、クロマチック・複音ハーモニカで素晴らしいメロディを奏でる井上さんの3人組です。
聴いても楽しい見ていてもとても楽しい方達です。

第一部はお師匠とピアニスト横井澄人さんのユニットDOWN'n Mellow のライブ。
第二部はH-sumptuousのライブ
第三部は両ユニットのセッションタイム
という構成でした。

第一部はアイリッシュ民謡からはじまりディズニーメドレー、カーペンターズ、ビートルズなどおなじみの曲 の他にもオリジナル曲を2曲(これがまた素敵な曲なんで
すよ♪)といろいろなジャンルの曲を聴かせてくれました。CDリリースが待ち遠しい。。。。。

第二部はハーモニカの紹介から始まりました。
複音ハーモニカで夕焼けこやけを吹きながら様々な奏法を演奏♪
単音→ハーモニー→伴奏を入れて→2旋律→マンドリン奏法→バイオリン奏法と、とてもわかりやすくて奥の深さを実感しました。
Take5、愛の賛歌、剣の舞など間近でみると動きがとっても面白かったです。。見ても楽しい聴いても楽しいまさに一石二鳥。
近くで聞くとバスハーモニカは意外に音がおおきくびっくりでした。(吹いている有野さんも間近で見るとおおきかった!そう、吹いているときはかがみぎみ
だったんですね)
早速CDを2枚購入しました。

第3部はセッションタイム〜
ルパン3世はおもしろかったです。迫力ありました。ブラックオルフェウス、枯葉と続き、もっと聞きたいなっというところでおしまい。

H-sumptuousさんは週末の厚木コンサートも出演されるので楽しみ♪
 







→このページのTop→Home

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー