Homeブルースハープとは?買ってみよう吹いてみよう本、CDイベントレポコラムリンク
ハーモニカとは種類音の配列

ハーモニカを制作している会社


現在ブルースハープは日本製では「TOMBO」「SUZUKI」、外国製では「HOHNER」「HERING」の4社が制作しています。木製ボディ、樹脂ボディ、金属ボディの3種類の材質があります。
各会社とも個性的なハープを売っていてそれぞれ音が違うので自分の好きな音のものを選びましょう。

HORNER
1857年に創立されたドイツのHORNER社はハーモニカを初めて世界に送り出した会社で現在ではヨーロッパ最大の楽器メーカーです。
有名な「ブルースハープ」をはじめ木製ボディの「マリンバンド」、初心者でも使いやすい「スペシャル20」などがあります。
モリダイラ楽器が輸入総代理店になっています
→モリダイラ楽器のHP

TOMBO
リード楽器のメーカーとして有名なTOMBO社は1917年にハーモニカ製産を開始しました。
解説テープとセットになっている「メジャーボーイ」マイナー調の「マイナーボーイ」、「エアロリード」があります。
→トンボ楽器製作所のHP

SUZUKI
「浜松」で生まれたSUZUKI。音楽教育の楽器を扱っているメーカーとして有名です。
オーバーブロウ、オーバードロウが簡単にできる「オーバードライブ」や「プロマスター」があります。
またホームページ上で”世界に一つだけの”オーダーメイドのハーモニカを注文することが出来ます。
→鈴木楽器製作所のHP

HERING
1923年創業のブラジルのメーカー。
木製ボディの「ヴィンテージハープ」や「マスターブルース」があります。
輸入販売元はヤマハミュージックトレーディングです。
→ヤマハミュージックトレーディングのHP



ハープのお店一覧はこちらから


→Home


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー